腰痛対策のストレッチとは?日常に加えると血流改善や柔軟性を向上させられる?

20150528
腰痛に悩みを抱える方は多く、屈む姿勢を取り続ける労働だけではなく、同じ姿勢で長時間座り続けるデスクワークの方にも腰痛を抱える方は多いです。

腰痛対策としてストレッチは有効であり、同じような姿勢で居ると一部分に力が加わり続けて血液循環が悪化したり、筋肉が固くなって痛みを発生させたりする事があります。

腰痛でも同じ姿勢を取り続ける事が引き金になっている事が多く、効果的なストレッチを日常に加える事で筋肉を伸ばしたり、筋肉を動かして血流改善を促したり、リラックスさせる効果もあります。

スポンサードリンク

カチカチに緊張して固くなった腰を伸ばす事で緊張が解れて柔軟になる効果もあり、血流改善や柔軟性向上、神経機能を改善させたり疲労を回復させたりと効果があります。

腰は人体を支える土台でもあり、背骨を安定させる為にも常に負荷が掛かっている状態でもあるので、疲れた筋肉をストレッチ等で休めていかないと痛みとなって体に反映される事になるのです。

スポンサードリンク

こうした痛みの発生を和らげる為にもストレッチが効果的ですし、腰痛予防の為に腰周辺の筋肉を伸ばすストレッチを行えば良いと考えがちですが、腰回りだけではなく股関節部分の筋肉をストレッチする事も必要であり、腰以外の部分までストレッチする必要がある事を知った上で行うとより効果的です。

腰の筋肉というものは背骨と骨盤を結んでいるものが多くあり、骨盤付近に付いている筋肉が固くなる事で腰回りにもストレスが掛かります。

一見腰と関係無さそうな太もも前側や裏側のように骨盤と繋がっている部分もストレッチを行う必要があり、股関節に付いた筋肉の柔軟性を高める事は腰痛予防に繋がっていきます。

もちろん腰から背中の辺りの柔軟性を高めるストレッチは重要ですし、腰痛対策としては背中周りや骨盤周りを重点的に行うと同時に、体全体の柔軟性を高めるように動かすと相乗効果を得られます。

ストレッチを行う時の注意点としては無理をしない事は大切であり、無理矢理動かしてしまうと体を痛めるリスクもありますから、若干痛いと思う程度の部分で静止して呼吸を止めずに行う事が必要です。

ストレッチによる痛みでは無い痛みが発生した時は迷わずにストレッチを止めるようにしましょう。

反動をつけて動かすのではなく、痛みを若干感じる程度の所まで動かして1、2分程度静止して呼吸を続ける事や、リラックスしながら継続的に行う事が重要になります。

筋トレの場合は2、3日に1度程度が効果的で、有酸素運動でも時々休みの日を入れる方が良いですが、ストレッチは休息効果があるので毎日行っても良いものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です