腰痛時の寝方は痛い方を下にしてはダメ?横向きで痛みがある方を上が良い?


腰痛になってしまうと、本来はリラックスして休息するはずの睡眠時間でも痛みによって辛い時間へと変貌してしまいます。

腰痛の際に、寝方についてはいつも以上に気を付ける必要があります。

それによっては腰痛が悪化することもありますし、逆にしっかりと休むことが出来て快方に向かうことも可能なのです。

スポンサードリンク

腰痛があるときには、仰向けよりも実は横向きの方が楽で、うつぶせは一番腰に負担が掛かりますし、仰向けというのも腰の筋肉が反って伸びるため痛みを感じてしまいます。

横向きの場合は、腰の筋肉を伸ばすこともなく一番安定して眠ることが出来ます。

さて、この際の寝方として「痛い方を下にして寝るのか、それとも上にするのか」というのはとても重要です。

スポンサードリンク

この場合、痛い方を下にするのは腰痛を悪化させる原因となるので、出来れば避けた方が良いでしょう。

これは単純に痛い方を下にしてしまうとその分患部が圧迫されてしまうため、痛みを強く感じるようになります。

睡眠不足にもつながりますし、患部への負担によって快方へ向かうのも遅くなるだけなので、避けた方が無難なのです。

理想的なのは、横向きで痛みがある方を上にして、背中を丸めて膝を抱えて眠るという姿勢です。

この際、膝の間に座布団や抱き枕などを挟むことで、腰への負担を軽減させることが出来ます。

この姿勢であれば筋肉が伸びることもなく、さらに座布団や抱き枕によって姿勢の歪みが多少は改善されるため、痛みを感じることは少ないでしょう。

腰痛がある際には、何よりも腰に負担を掛けず患部を休息させる寝姿が望まれます。

寝る姿勢を気にしすぎても逆効果なので、患部に負担を掛けず、かつ自分が一番楽な姿勢を模索するのも良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です