慢性的な腰痛は背骨の歪みが原因だった?腰痛改善への道。


私の場合、何かの動作をきっかけに発症する急性腰痛(ぎっくり腰)のようなものではなく、常に鈍痛を感じる慢性的な腰痛が原因で近くの整形外科に通いました。

まず最初にレントゲン検査を行いましたが、特に画像上の問題はなく、筋筋膜性の腰痛という診断結果となりました。

そのため、湿布と痛み止めの薬を処方され、様子を見て下さいとのことでその日は帰りました。

スポンサードリンク

しかし、処方された通りに内服しても症状は改善されず、日常生活にも影響する程の痛みとなってきました。

その後は、同クリニックで電気治療や牽引などの物理療法を定期的に受けたのですが、なかなか痛みの状態は良くなりませんでした。

スポンサードリンク

診断結果が間違っているのではないかと思い、別の整形外科も受けましたが、やはり検査画像の状態は変わらず、筋肉からくる痛みだろうという見解でした。

知り合いに医療関係の友達がいたため相談すると、腰痛の80%程は原因不明なことが多いと聞き愕然としました。

その友達の紹介で、整形クリニックではなく整体へ行ってみることにしました。

保険診療ではないため一回受けると5000円近くかかりましたが、身体を整えてもらった後は痛みがスッと楽になっていました。

整体師さんは背骨の歪みから筋肉の緊張バランスが変わり、血行不良になったことで痛みが出ていたのではないか?という見解でした。

その観察を参考に、背骨の姿勢を自分で整えられるように毎日ストレッチポールの上に寝転びセルフトレーニングを行うことにしました。

それ以降は腰のツッパリ感が徐々に柔らぎ、日常生活に影響がない程になりました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です