腰痛には水泳がリハビリ効果あり?全身運動で一部分への負担がないのでオススメです

20150805
座ることが多くなった現代人における男女共通の悩みとして腰痛が挙げられます。

老若男女問わず発症することがあるこの腰痛というトラブルですが、腰痛持ちの方が多いせいかその治療法というのも様々です。

その中の一つに水泳が腰痛改善に効果有りというようなこともいわれているのですが、果たしてこれは事実なのでしょうか。

スポンサードリンク

結論からいってしまえば、水泳による腰痛改善は腰痛全般を改善することは出来ませんが、特定の要因で発生する腰痛には効果があるとされています。

そもそも腰痛の三大原因として、『衰え・筋力低下』『間違った姿勢』『酷使や過度負荷』といったものがありますが、水泳が効果を発揮する腰痛は『衰え・筋力低下』のみで、逆に『間違った姿勢』から発生する腰痛には無意味ですし、『酷使や過度負荷』からくる腰痛では逆に腰を痛めることになってしまいます。

スポンサードリンク

なぜ水泳が腰痛に良いのかというと、水中では浮力が働くため重力による腰への負担が著しく軽減されます。

筋力の衰えなどからくる腰痛の場合、その重力による負荷に体が耐えきれないことから発生していますから、浮力によってサポートをされながら体を鍛えられることで腰痛改善が出来るというのが理由なのです。

水泳自体は、どのような泳ぎ方であれ腰に強い負担がかかる運動ですので、『酷使や過度負荷』による腰痛であれば逆効果になるのも理解頂けるのではないかと思います。

この場合は、泳ぐのではなく水に浮くだけの水浴であれば、浮力で腰の負担を軽減させられますので効果が期待出来ます。

水泳は全身運動で体への負担も少なく、健康維持やリハビリに非常に効果的です。

筋力不足からくる腰痛は慢性化しますので、腰痛に悩むのが嫌ならば、早いうちに水泳を始めて予防に取り組むのが理想といえます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です