腰痛は睡眠時の姿勢を正すと良くなる?猫背矯正をしたら良くなりました

20151108
私は腰痛を持っています。

昔から接骨院や整体、マッサージ等色々と通ってきました。

小さい頃からバスケットボール部で運動をしていくなかで、高校生位から腰痛に悩まされてきました。

スポンサードリンク

猫背という姿勢も原因としてはあると思うので、背筋を伸ばそうとすると反り腰になってしまいます。

その姿勢をずっと続けているとだんだん腰が痛くなってくるのです。

反り腰だと寝て上を向いた時に腰も反った状態で寝ることになります。

腰と布団の間に手が入るくらい空間が開きます。

この姿勢で寝ているとだんだん腰が痛くなってくるので、いつの間にか横を向いて寝たりしています。

それを繰り返したりしているので、充分な睡眠が取れていないと思います。

スポンサードリンク

起きたら肩が痛いことや、何かすっきり寝てないなぁという感じがします。

結構早い時間から寝たのに疲れが取れていないという気が最近はいつもします。

接骨院で猫背矯正をしてもらって気がついたのですが、猫背でなくなると上を向いて寝たときに体がしっかり着くのです。

腰の間に隙間が出来ない状態で寝ると、次の日の目覚めが全然違ったのです。

まず、よく眠れたなぁというのが実感でした。

そんなに寝返りを打つこともなかったですし、腰も痛くなりませんでした。

腰痛と睡眠は大いに関係していると思いました。

ぎっくり腰を軽くやってしまったときも痛くて寝られませんでした。

動くと痛みが出るので、どの姿勢で寝れば一番良いかというのを探しながら寝る形になります。

色んな姿勢をしていると色んな部分に負担がかかりいつもとは違うところが痛んだりします。

首なども痛くなりますし、寝る姿勢を正しくしないことには腰痛にも良くないし、良い睡眠は取れないのだと思います。

私も猫背気味になってくるとなかなか良い睡眠がとれなくなります。

接骨院に行って治療を繰り返して今を保っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です