ドイツ製の腰痛ベルトは素材が凄い?一年中快適に着けられてフィットする?


腰痛ベルトにとどまらず、様々なものにおいて何となく日本製のものを選んでしまいがちですが、実はドイツ製の高性能な腰痛ベルトというものも販売されています。

最もポピュラーなものは医療先進国と言われているドイツのメーカーが開発したもので、元は宇宙で使うために作られた素材を使用したものです。

その素材のどのあたりが特徴的なのかというと、やはり温度管理能力でしょう。

スポンサードリンク

宇宙空間というのは非常に過酷だというのは想像に難しくないと思いますが、その温度変化に対応できるようにと開発されました。

その素材は人間が快適に過ごせるといわれている表面温度である33度前後に保つために吸熱したり放熱したりという性質があります。

スポンサードリンク

つまり夏の暑い盛りでも、冬の厳しい寒さの中でも一定の温度をキープし、快適に過ごすことができるということになります。

冬場はともかく夏場に腰痛ベルトをしていると蒸れてしまうこともありますが、その心配が無いのは有り難いポイントです。

また、そのシンプルな見た目も特徴と言って良いかもしれません。

見た目通り軽く、そして薄いのでアウターにも響きづらいことから安心して使用できるかと思います。

そのような薄さでサポートできるのかと少し不安になることもあるかもしれませんが、独自のゴム素材によってしっかりとフィットしてくれるので問題ないかと思います。

フィットするため動きやすいので、スポーツをするときや動きの多い仕事をするときにも活躍してくれるかと思います。

腰痛対策として使用できるのは勿論ですが、このベルトを巻くことによって姿勢を正す効果も期待できると言われています。

手洗いコースなどを選択すれば洗濯機でも洗うことが可能なため、清潔に保つこともできるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なお より:

    こんにちは。いつもいろんなグッツのご紹介ありがとうございます。
    今までコルセットしか使ったことないのですが
    この腰痛ベルトはよさそうですね。
    私は「ムレる」のがとても苦手なので夏場は特に腰回りに付けるのは嫌でしたが
    このベルトはそのあたりも解消できそうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です