腰椎間板ヘルニアには体操が良い?看護師の私がやってみた体験談。


私は看護師をしています。

授業で習うボディメカニクスも意識して仕事をしていますが、患者さんを抱えたり、車イス移乗、ストレッチャーに乗せるなどで大半の看護師は腰痛持ちです。

私は酷くなる前に接骨院に行ったり、整形外科を受診しています。

スポンサードリンク

初めて腰痛を感じた時は、看護師の間で評判の良かった接骨院へ受診しました。

その時の診断名は第3、第4腰椎間板ヘルニアと言われました。

診察台で仰向けに寝て先生が骨盤の位置を確認して体を揺らされた後に両足を直角に上げるように言われたのですが、痛みで30度くらいまでしか上がりませんでした。

スポンサードリンク

その後に先生がウエストをひねるような感じで体操とマッサージを行った後にまた直角にするよう言われたのでやってみると、直角にスムーズに両足が上がったのです。

不思議な感覚でしたが、先生のマッサージやホットパック治療が気に入り、暫く通った後には腰痛がすっかりなくなりました。

その10年後くらいに妊娠、出産、子供達の抱っこで再び腰痛が出てきました。

しかしそれほど大したことない痛みの時に整形外科を受診したため、湿布処置などで治療し、現在は腰痛はありません。

また、私はダイエットのためにシャドーボクシングやストレッチなどをしています。

ここ1年くらいは月に1、2回くらいしかしていませんが、ウォーキングを1日1万歩の目標でしています。

後は腰を伸ばしたり軽いストレッチを行うなどしています。

腰ひねりやワンダーコアで背筋や腰の筋肉をつけるように努力しています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です