腰痛時は整形外科と接骨院のどっちが良い?老後のことも考えよう。


私は看護師です。

仕事柄、ぎっくり腰、つまり急性腰部捻挫はとても多いです。

看護師になって5年目、何も思い当たることはなく急に腰痛が出現し、歩くこともままならなくなりました。

スポンサードリンク

帰宅する足で整骨院に立ち寄りました。

揉んでもらったり、電気かけてもらったりすれば治ると思ったのです。でも、違いました。

始めの数日は腫れていたり、熱を持っているんです。

そのときはまずは冷やして、安静にすることが一番です。

あとは、医療用のコルセットをつけます。

熱がひいてきたら、やっと揉んだり電気をかけてくれます。

スポンサードリンク

ここで注意しないといけないのが、整形外科と整骨院のどっちに行った方が良いのかということ。

まずは足がしびれてるときは絶対に病院です。

腰の捻挫ではなく、神経に何かしら悪さをしているんです。

整形外科を受診したら、レントゲンを撮ります。

それで、ヘルニアなど神経に異常がありそうなときは、CTやMRIを撮ることになります。

でも病院では電気をかけてくれたりマッサージをしてもらったりストレッチをしてもらえないので、物足りないですよね。

腰痛の原因が分かり、骨や神経に異常がなければ、整骨院に行くと良いです。

私もヘルニアかもと思い病院に行きましたが、異常がなかったため、整骨院に通いました。

あとは、50歳以上の方だと病院に行き、専門のリハビリの方に歩き方など指導してもらうと老後にとても良いです。

寝たきりのリスクもとても低くなりますし、転倒予防にもなります。

専門的な立場と経験からこの流れがおすすめです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です