中学生の時にぎっくり腰に!痛みが和らいだ接骨院での施術は?


私は27歳で、3歳と1歳半の子持ち主婦です。

私が初めて腰痛になったのは、中学1年生の時でした。

その時は近くの接骨院に行き、その接骨院の紹介で大きい病院で検査をしました。

スポンサードリンク

当時、バスケットボール部に入部していて、毎日部活に明け暮れる日々でした。

ある日の授業中、突然背中にピリピリとした痛みが走り出し、一人で歩くことが出来なくなりました。

足を上げることすら困難になり、友人にズボンを履かせてもらったのを思い出します。

学校を早退し近くの接骨院で診てもらうと、背中を押してもらって、どこが痛いのか、いつから痛いのか、運動はしているか、など細かく聞かれました。

スポンサードリンク

その病院の院長の紹介で、翌日に大きい病院でレントゲンとMRI検査をし、ぎっくり腰と診断されました。

背骨と背骨の間が狭く、間にある神経を圧迫していること、背筋をまっすぐすることを意識するように、と言われました。

それからは大きい病院には行かず、近くの接骨院に通うようになりました。

接骨院で施術してもらった内容はその日によって異なりますが、どこが痛いか触って確認をされた後に電気マッサージ機を5~10分ほどかけて、終わったら手による指圧マッサージです。

その後は、ボキッボキッっと骨の矯正をされました。

そしてまた指圧マッサージをして終わり。

といった流れでした。

1回の料金は、200~400円だったような気がします。

その後は痛みが和らぎ、高校ではソフトボールを始めました。

部活で痛めた際は、痛む部分の施術で何年か通いました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です