腰痛の原因は冷えやホルモンバランスの乱れ?鍼灸院でどんな治療?


私は39歳の主婦です。

よく歩き 、筋力も同世代よりはある方で、しかも痩せ気味なので腰痛には縁がないタイプ、と思っていましたが、その秋の冷え込んだある日、ちょっとした登山をしました。

生理前ということもあったのか、急に腰の尾てい骨の辺りが痛くて立っていられなくなりました。

スポンサードリンク

たまに生理痛でそのようなことが若いときもあったので、久しぶりだなぁ、よく歩いたし…と気にしていなかったのですが、その日を境に歩くのは平気ですが、長く立っていると圧迫されたように痛くて立っていられないようになりました。

その年のお正月が一番ひどくて、少しも立っていられませんでした。

座ると治ってきてまた歩けるという感じで、背中を丸めると楽になりました。

まず、整形外科に行きました。

レントゲンでは特に目立つ傷む原因はなく、温湿布をもらって帰ってきました。

温湿布をすると、かなり楽でした。

次に疑ったのは子宮でした。

子宮がん検診もかねて婦人科に行きましたが問題なしで、内科でエコーや大腸ガン検診、胃カメラまで飲みましたが問題なし。

スポンサードリンク

極度の閉所恐怖症のため、CTは無理でした。

そもそも内蔵関係の腰痛ならひどくなる一方だし、楽な姿勢がないのが特徴だといわれました。

それでも安心することができず、痛いのは確かですし、すがる思いで、鍼灸院へ。

かなり有名な先生がいると評判の鍼灸院です。

その頃にはピークは越えた感じでしたが、調子が悪いときは痛くて、という感じでした。

鍼灸通い始め、原因としては体のバランスが崩れていること、冷えやストレスや疲れがここに集中して現れてること、となんともスッキリしない感じのことを言われました。

が、何度か通うと痛みがまた表に出てきました。

ピンポイントで痛い!という感じです。

このまま通い続けるか迷いましたが、もう信じるしかないと半分意地もあり、結局半年月三回ほどで通いました。

いつ頃からか腰が緩んできて痛みが引いていきました。

今は、痛みが引いて一年立ちました。

たまに生理痛とともにあの痛みの弱い波が来たりしますが、ひどくなることなくなおるようになりました。

今から思えば、やはり、冷えとホルモンバランスから来る痛みだったようです。

生理痛の時に感じるということは、そう考えると鍼灸は最善の方法だったとおもいます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です