ヘルニアにはリハビリと腹筋のトレーニングが必要?


高校2年生の朝、急に腰に激痛が。

ベットから起き上がることも動くことも出来ず、母親を大声で呼び腰が痛くて動けないと説明し、その日は学校を休み整形外科へ母親に連れて行ってもらいました。

車へ移動するのも辛く、病院内では恥ずかしながら車椅子に乗せてもらい移動しました。

スポンサードリンク

その日はまずレントゲンを撮られ「骨には異常なしだね」と言われました。

「骨には異常がないなら神経かな」と言われ、「次の日にMRIの予約を入れるからまた明日来て」と言われました。

朝早くに病院に行きMRIをし、結果を待ちました。

診断結果は椎間板ヘルニアと言われました。

高校生の私がヘルニアとは驚きました。

スポンサードリンク

医師に「この歳でヘルニアってなるんですか?」と聞くと「何歳でもなる人はなるよ」と言われ、驚きが隠せませんでした。

椎間板ヘルニアは手術が必要な人もいますが、私の場合は「とりあえずリハビリに通って、マッサージや腹筋をつけるトレーニングをしてください」と言われました。

椎間板ヘルニアと告られたその日からリハビリは始まりました。

腰が痛くて足も上げられない状態だったので、リハビリの時、足を持って少し上に上げられただけでも激痛で、辛すぎてリハビリにもならないくらいでした。

「無理に動かしてもダメ」と言われ、腰を温めたり電流を流したりしてもらいました。

温めるのは効果があるようで、少し楽になりました。

私はそれ以来、お風呂の際は湯船につかり腰を温めています。

今では腹筋ができるほどまで回復しているので、腹筋をしてお腹に筋肉をつける努力をしています。

腰の痛みは消えませんが、トレーニングは継続することが大切だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です