腰に筋肉を付けてぎっくり腰に気をつけよう。どうしても痛い時は?


私は10歳の時に一度ぎっくり腰をしています。

その時は歩くのも辛く、母に近所の病院へ連れて行ってもらい、結局は湿布。

痛み止めをもらって2日間安静にするだけで、後は若かったからか腰痛は嘘のように治りました。

スポンサードリンク

20代にはスノーボードのジャンプ台で逆さまになったまま落下し、股関節から腰を全体重かけて殴打しました。

そして、また歩くのすら辛い腰痛が再発してしまいました。

その時は内科と外科を観てくれる近所のお医者さんへ行きました。

まず、骨折をしていないか調べる為にレントゲンを撮り、結局は湿布を渡されて大人しくしているようにと言われて終わりました。

でも腰の腫れは治っても痛みは治らず、歩くのも辛い状態でした。

スポンサードリンク

普通のお医者さんでは駄目なのかな?

と思い、今度は整体へ通いました。

腰が痛いのは骨盤がズレてしまっているからだとの事で股関節のズレから治さなくてはいけないとの事で何度か通いました。

自分が痛いのは腰なのになぁと思いながらも、施術を受けると以前より腰の痛みが軽くなりました。

そしてガードルや骨盤ベルトを薦められたので、日中は骨盤ベルトで締め付けて腰をまっすぐになるように心がけました。

治療のかいもあって、しばらくは腰痛を気にする事もなくなり、普通に生活を送ることができました。

だた、私は仕事が立ち仕事の為、腰痛は良くなったり、悪くなったりです。

数年に一度は歩けなくなりそうなくらい痛くなる時があります、そんな時はストレッチをし、ベルトやガードルで腰を締め、酷くなる前に整体で歪んだ所を治して貰うようにしています。

整体の先生曰く、腰の筋肉を付けてストレッチをする事によって腰痛はかなり和らぐとの事なので、出来るだけ運動をしようと心がけています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です