ぎっくり腰で動けないので救急車で整形外科に。完治できた方法は?


私はもともと腰痛持ちです。

仕事の都合上、今年の1月から畳の部屋で机にPCを設置し仕事をしていました。

体勢としては、胡坐をかくような姿勢が多かったです。

スポンサードリンク

その影響からか、今年の3月頃から腰に違和感、痛みを感じ始めました。

最初は近所の整骨院に通っていたのですが『固いですね!』と言われ、とにかくほぐすことを中心に治療を行いました。

具体的には15分ほどマッサージを行い、その後は腰に電気を流していました。

少額の為、別にいいかと思っていましたが、一向に腰は良くなりません。

むしろ悪化し、座ってから立ち上がる際には痛くて一瞬停止せざるを得ない状態になりました。

やむなく今度は近所の整形外科に通いました。

主な治療方法は痛み止めの注射、湿布です。

スポンサードリンク

特にアドバイスもなく、痛み止めの注射の後はいくらか楽になったので、こんなものかと思っていたのですが、定期的に痛みに襲われていました。

もう畳には座れなかったので、ソファーを用意し、座ってPCで作業をしていたのですが、このソファーがまた少し深めのもので、結局また痛みを患いました。

痛み止めの注射も甲斐なく、痛みが止まらなくなってきたのでお風呂でストレッチをしようと腰を伸ばしたところギクッときました。

いわゆるぎっくり腰です。

痛くて動けない状態でこれはトイレにも絶対に行けないと思い、救急車を呼びました。

そこで救急隊の人に病院を探してもらい、通っていた整形外科とは別の整形外科に運ばれました。

休日だったため、いつもの整形外科が閉まっていたためです。

結果として、これが功を奏しました。

痛み止めの座薬を入れられ、即日入院。

2日間位はベッドから動けませんでした。

結局、6日間入院しました。

でもそのおかげで腰痛は完治しました。

動かないことこそ治療なんだと実感しました。

今では問題なく生活できていますが、違和感を感じたらすぐに楽な姿勢になる事を心掛けています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です