坐骨神経痛予防は腰痛ベルトで出来る?ただ、常に巻くのは止めた方が良い?


突然痛みが襲ってきて、何とも辛い坐骨神経痛に悩まされている方は少なく無いでしょう。

激痛を感じることはあまり多くないですが、鈍く気持ちの悪い痛みが続くこともあり、自由に動き回ることが難しい場合もあります。

そんな坐骨神経痛は腰痛ベルトで予防することができると言われています。

スポンサードリンク

なぜ効果があるのかというと、いくつか理由があります。

まずは腰痛ベルトを巻くことによって姿勢が良くなるので、腰椎への負担が軽減できるという点です。

猫背や反対に背中がのけぞってしまうような方はその反りを直し、良い姿勢をキープすることが可能となります。

また、腰痛ベルトは締めることによって腹圧を上げ、腰回りを体内から安定させるというものですが、その効果によって腰椎を固定することによって負担を軽減させることができます。

スポンサードリンク

さらに、腰痛ベルトを巻くと多少なりとも温まることから、筋肉がリラックスするので良いという話もあります。

坐骨神経痛の予防のために腰痛ベルトを購入する場合には、スポーツタイプのものがおすすめです。

これは坐骨神経痛の場合、固定しなければならない一般的な腰痛とは異なり、多少動かした方が回復に繋がるといわれているためです。

そのため伸縮性に富んでおり、程よく腰をサポートしてくれるスポーツタイプのものが良いということなのです。

しかし、楽だから、安心できるからといった理由で常に腰痛ベルトを着けていることは望ましくありません。

腰痛で使用する時と同じで、巻いたままにしておくと腰回りの筋肉がベルトに頼りきりになってしまう可能性があるためです。

腰に負担がかかるような作業や、少し長く歩くといった場合に適宜使用するようにするのが良いでしょう。

腰痛ベルトと賢く付き合って、坐骨神経痛を治療していきたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です