腰痛ベルトと骨盤ベルトの着用目的や違いは?腰痛時か骨盤矯正かという違い?


腰痛の悩みを和らげてくれる物として、腰痛ベルトや骨盤ベルトといった物を利用したらどうか?

と、考えている方も多いと思います。

腰・骨盤と近い部位に着用する物である為、分かりにくい物ではありますが、それぞれ別々の用途・目的を持ったベルトである為、痛みや悩みの原因に合わせた選び方をする必要があります。

スポンサードリンク

腰痛ベルトと呼ばれる物は、基本的には腰が痛い時に着用することで効果を得られるタイプの物を言います。

腹囲から骨盤の幅広い部分にかけて締め付ける物が主流であって、腰椎を固定することで上半身の動きを制御します。

体を動かしにくくなりますが、その分腰への負担を軽減してくれる物です。

重い物を持ち運びするような仕事などの場合、予め着用しておくことで、腰痛の予防となることも期待出来る物です。

スポンサードリンク

一方、骨盤ベルトと呼ばれる物は、骨盤の歪みを防いだり、矯正する為に着用するするタイプの物です。

着用する部位も、腰痛ベルトのように腹囲から骨盤にかけての物ではなく、骨盤の周囲に当たる、太ももの付け根からお尻に掛けて締め付けるものが主流です。

元々、産後の女性が骨盤が緩んだり、歪んだことを矯正する為に人気が広がった物ですが、最近ではダイエット効果も取り上げられています。

緩んだり歪んだ骨盤を矯正することで、姿勢を正しく保ち、内臓を持ち上げたり、血流の循環も良くなる効果がある為です。

このように、腰痛ベルトと骨盤ベルトには締め付ける部位や目的が異なる点が多いので、目的に合わせて選ぶことが肝要だと思います。

また、腰痛ベルトは常時着用していることで、腰周囲の筋肉が低下してしまうことが指摘されています。

あくまで痛みのある時や腰痛予防のサポート的存在と考えて、着用する時しない時を使い分けることも大切になると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です