腰痛ベルトの使いすぎは良くないの?腰周辺の筋肉が衰えてしまうから?


腰痛ベルトの使いすぎは、逆に腰を痛めてしまう可能性があります。

腰痛ベルトは腰の周りの筋肉や腰部分の関節をサポートすることで腰痛を起こりにくくしたり予防したりする働きがあり、一部の人は腰痛ベルトを身につければ身につけるだけ効果が上がるのかと勘違いしている人を見かけます。

しかし、これを起きている間や寝ている間中ずっと巻いていても、逆効果なのだということをよく認識して腰痛ベルトを使うべきでしょう。

スポンサードリンク

腰痛ベルトによって四六時中腰を守ってしまうと、腰の周りの筋肉が衰えてしまい、腰を筋肉組織自体が支えることを忘れてしまうため、腰痛ベルトを外した時に、非常に腰が弱くなってしまう可能性が高まるのです。

スポンサードリンク

ですから、腰痛ベルトは必要以上に長時間装着しないことが鉄則です。

腰の痛みが強くて歩けない時や腰痛が起こりそうな気配がある時の予防的な使い方、ウォーキング時や立ち仕事の勤務中などの腰痛予防など、はっきりとした理由がある時以外は腰痛ベルトをつけずに過ごした方が良いでしょう。

腰痛体操も腰痛ベルトを外して、ゆっくりと体のストレッチを行うようにすると腰回りの筋肉を増やすことが出来て、腰痛の再発予防にも大きな効果が期待できるようになります。

日頃の生活でもなるべく腰痛ベルトに頼らないように心がけることがいつまでも腰痛を起こさない強い体作りの基本なのです。

ですから、腰痛ベルトはあくまでも腰回りをサポートする補助的な役割のものだということを覚えておくと良いでしょう。

腰痛は一度引き起こしてしまうと、何度も繰り返してしまう可能性がある症状です。

普段から正しい腰痛ベルトの使い方をしっかり学んだ上で利用していくようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なお より:

    こんにちは。
    やはりそうですよね。私も腰痛ベルトはかえって腰痛を促進してしまうんじゃないかと思っていました。
    姿勢を保つ効果はあるかもしれませんが、腰痛解消ではありませんよね???

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です