腰痛コルセットの使いすぎは腰痛を慢性化させる?日頃から鍛えよう!


腰痛には腰痛コルセットは必須アイテムです。

腰痛でも仕事をしないといけない方などは、腰痛コルセットをして傷む箇所を固定し、痛みを軽減させます。

非常に便利で役立つアイテムです。

スポンサードリンク

ところが、あまりに腰痛コルセットを使用し過ぎると、腰痛を慢性化させてしまうリスクがあることをご存知方の方はどれほどいるでしょうか。

意外と少ないと思います。

腰痛ベルトをするということは、痛む場所の筋肉やスジを使わないようにするわけですから、痛みが軽減するのは良いです。

しかし、軽い腰痛でも腰痛コルセットを使ったり、痛みはないが再発するのが嫌なので予防の為に腰痛ベルトを常に使用してると、腰周りの筋肉が弱まります。

どんどん筋力が落ちていきます。

スポンサードリンク

そうなると、弱まった腰周りの筋力が普段の生活でも簡単に腰痛を引き起こしてしまう要因になってしまうのです。

もっと簡単な例で説明すると、骨折をした時に骨折した箇所をギブスで固定します。

そうすると骨がくっつくまで骨折部分の筋肉は使わないですから、凄く細くなってしまいます。

そんな細い腕で骨折前と同じ運動をすると、怪我をするのは考えれば誰でも分かります。

この原理が腰痛コルセットを使用し過ぎると、腰痛が慢性化してしまうことを表しています。

そうならないためには、どうしても腰痛で痛みが酷い時以外はなるべく使い過ぎないことです。

もし、どうしても腰痛コルセットを常日頃から使用したいというのであれば、腰痛が引き起こされる部分を日頃から鍛えておく必要があります。

ストレッチや簡単な筋トレなどで腰周りを強化することで、腰痛になる頻度も減らせます。

また、腰痛コルセットを使い過ぎると、必然的に他の身体の部分を使いますから、他の箇所を痛めかねないです。

腰痛メンテナンスと同時に、腰痛コルセットを使う時を考慮するのが良いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です