腰痛ベルトのサマースリムの特徴は?夏でも蒸れずに使えるほど薄くて細い!


長年のデスクワークや営業の外回りで、万年腰痛持ちという方も多いのではないでしょうか。

ホッカイロで腰を温めると少しは痛みも緩和されます。

冬の寒い時期なら温めるという方法もアリなのかもしれませんが、暑い夏の時期はホッカイロを使用するという方法は無理ですよね。

スポンサードリンク

通年使える腰痛軽減の方法としては、腰痛ベルトを使用するというのがいいのではないでしょうか。

腰痛ベルトは着ぶくれするように見えるし、蒸れて結局夏場は熱くて使えないんじゃないかと思う方もいるかと思います。

そこでおすすめなのが「サマースリム」です。

森上鍼灸接骨院で販売されていることから、接骨院や鍼灸院などの医療現場でも使われております。

スポンサードリンク

名前にサマーとついていることから、夏場でも蒸れずに使うことが出来るほど薄くて細く、付けていてもスーツに響かない付け心地となっています。

営業でよく動き回る場合に心配なのが、腰痛ベルトのズレですよね。

しかし、この細さでもしっかりと腰回りをガードできる素材なので、ズレもなく気後れすることなく動き回ることが出来ます。

そして、デスクワークの方はずっと同じ姿勢で腰に負担がかかり、肩こりにまで影響してきます。

まだ腰痛をそんなに感じていないサラリーマンの方でも、早いうちに腰痛ベルトを着用することで腰痛の予防に繋げることが出来ます。

サマーベルトを洋服の上から付けたいと思っている方は、ワンサイズ大きめを着用するとちょうどいいサイズで使用することが出来ます。

ただ腰痛ベルトに頼るだけでなく、疲れを感じたら伸びをしたりストレッチをする、毎日帰ったら暖かいお風呂に浸かって1日の疲れを落とすといったことを合わせて行いながら、腰痛の軽減に繋げていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です