腰痛ベルトは睡眠時には外した方が良い?血流が悪くなり寝苦しくなる?


腰痛に苦しむ方にとって、腰痛ベルトという存在は非常に心強い味方ではないかと思います。

着けていると腰への負担が減るので腰痛が緩和され、ベルトで締めることによって腹圧が上がり、体を安定させる芯の役割を担ってくれるので、しっかりと立つことができるという利点があります。

さらに、着けているから大丈夫といった安心感を得られるという精神的にも優しい存在です。

スポンサードリンク

しかし、着けていると楽だし安心だから一日中ずっと着けているから睡眠時にも着用は当たり前、というのは残念ながら間違いです。

実は睡眠時に腰痛ベルトを付けておく意味というのは全くもって無いといっても良いのです。

そもそも腰痛ベルトというのは先にも述べた通り腰の負担の軽減が主な役割です。

スポンサードリンク

しかし、睡眠時というのは当然ながら横になっている状態なので、重さが掛かる部分が分散されます。

つまり腰への負担は低くなっている状態だということが分かると思います。

負担がかかっていないのに着用しているのはあまり意味が無いといえるでしょう。

意味が無いだけで特に害はないから良いだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はちょっとしたデメリットも存在しています。

腰痛ベルトというのはそれなりにきつく締めるものなので、寝苦しく感じて質の良い睡眠を得ることが難しくなってしまいます。

それだけではなく、寝ている間というのは日中のように動くことがないため、血流があまり良くない状態です。

そんな状態のときにベルトで締めてしまうと、さらに血流が滞ってしまうのです。

ずっと着けているとその状態が癖になってしまうことから、日中も動いている時以外には付けない方が良いとも言われています。

腰痛ベルトは必要なときに使用するという、程よい付き合いをしていきたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です