腰痛ベルトで腰の痛みが悪化する?腹筋や背筋の筋力が落ちて痛くなるから?


腰痛を持っている人にとって、腰痛ベルトはとてもありがたいものと言えます。

腰にはめた時の安定感は素晴らしいものがあると言えます。

腰痛は一度なってしまうと癖になりがちです。

スポンサードリンク

だから、いつ再発するかわからず不安な気持ちで生活している人もいると思います。

そんな場合でも腰痛ベルトがあれば、もし、悪化した時にはすぐに対応できるので便利です。

そんな腰痛ベルトですが、腰痛ベルトをすることで逆に腰痛が悪化するケースはあるのでしょうか?実はあるのです。

それは腰痛ベルトをすることで、腰の負担を和らげることが出来るわけですが、その分、腹筋や背筋の筋力が落ちてしまうのです。

スポンサードリンク

つまり、本来は筋肉でカバーすべきところをベルトがカバーしてしまうということです。

つまり、腰痛ベルトは慢性的に使ってはいけないということです。

腰を痛めた時には使うべきですが、治った際にはそれを外して筋力をつけるようにするべきなのです。

腰を痛めて辛い思いをしたことがある人はその辛い感覚が忘れられずに不安感を持つものです。

そのため、腰痛ベルトが手放せなくなったりするケースがあるのですが、これは腰にとっては逆効果だと覚えておきましょう。

大体、薬なども慢性的に使うと副作用が出やすいわけですが、腰痛ベルトも同じように考えたらわかりやすいと思います。

ついつい不安が先に立つかもしれませんが、良くなってきたら腰痛ベルトを外す時間を少しづつ増やすようにしたら良いと思います。

また、夜寝る際には必ず外すようにしましょう。

そのあたりの注意事項は説明書にも書いてあると思うので、購入した後はちゃんと使い方を読むようにしましょう。

つまり、正しい使い方が大事だと言うことです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です