腰痛は重い荷物を持つことも原因?持ち物は必要最小限にしよう


私は腰痛持ちで、しばしば近所の整形外科に通っていました。

そこで診察を受けたらレントゲンを撮られ、その結果、重い荷物の持ち過ぎにより背骨が曲がって変な体勢になっているとの診断を受けました。

そして1~2ヶ月の間そこの整形外科に通い、マッサージと赤外線による筋肉をほぐす治療を受け、体の体制を正常な位置で維持できるように、コルセットみたいな腰ベルトを着けて生活をしていました。

スポンサードリンク

この腰ベルトは下着の上から着ける感じだったので、周りに腰ベルトを着けていることを気づかれずに治療をすることができました。

しかし、少しは楽になったのですが、あまり効果は得られませんでした。

スポンサードリンク

というのも、治療中も大学に通わないといけないため、重い荷物を長時間持って通っていたので腰痛の原因の元を断てていませんでした。

整形外科に通ってあまり良くなっていないことを告げると、重い荷物を持つことをやめなさいと言われ、必要最小限の荷物で行動するようにしました。

すると、今までものすごく重かった荷物がとても軽くなりました。

そうしてまた週1のペースで整形外科に通いながら大学にも通い、さらに2ヶ月が経ったとき、あの頃の痛みが感じられないほどまでに回復していました。

その頃になると、整形外科もペースを少なくして通うようになっていて、これがきっかけで荷物の整理も心がけるようになりました。

今となっては、もう腰痛を感じることなく日常生活を送っています。

なので、腰痛を感じたらまずは整形外科て診察を受け、持ち歩く荷物は必要最小限にすることをお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です