授乳時の姿勢のせいで腰痛に!治療方法や気を付けることは?


2人目の子供を産んでから約1年。

それは突然起こりました。

今まで腰痛とは無縁だった私ですが、ある日の朝、何の前触れもなく腰が痛み出しました。

スポンサードリンク

初めての事で動揺しつつ、ネットで「腰痛」や「ぎっくり腰 治し方」などを検索したのですが、これといった情報は見つかりませんでした。

それでも上の子を幼稚園へ連れて行き、下の子に授乳したり家事をしたりと幾日か苦しい日々が続いていました。

痛みは腰の中心で、背骨が潰れているのではないかというほどドクドクと痛み、歩くのは何とかなっても屈む事は難しかったです。

1週間ほど過ぎた頃、整形外科へ受診する事ができました。

レントゲンを撮って判明したのですが、どうやら背骨が少し歪んでいるらしいのです。

スポンサードリンク

先生に「何か無理な姿勢をしていませんか?」と聞かれ、私は確信しました。

そう、原因は私の授乳スタイルにあったのでした。

私は帝王切開の後遺症で産後の頭痛が酷く、体を起こすのも辛かった為に寝ながら横向きになり授乳をするというスタイルだったのですが、退院して頭痛が良くなってもこの授乳スタイルを続けていました。

この姿勢は子供の口に高さを合わせなければならず、かなり腰に負担をかけてしまっていたのでした。

しかも左だけ母乳の出が良く、左向きばかりだったのもまた良くなかったようです。

病院では腰痛ベルトのような物と、ここぞと言う時の痛み止めを処方され帰宅しました。

授乳中でも大丈夫な薬をもらったのですが、多少なり母乳に影響が出るので飲むことはありませんでした。

その後は病院に行くこともなく、痛みがだんだん無くなっていき今に至ります。

こんな時の腰痛ベルトは本当に救世主に思えます。

授乳中のママさん、姿勢は辛くないですか?

無理な姿勢は背骨の歪み、腰痛に繋がります。

どうぞ気を付けくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です