腰痛対策にはテニスボールを使ったマッサージが効果あり?土踏まずやお尻のコリ、背中のコリを回復させて腰痛を軽減させよう

20150812
高価な器具を使わずに簡単な腰痛対策をしてみませんか?

必要なものは100円ショップで売っているような安いテニスボールだけのお手軽マッサージです。

まず土踏まずの復活マッサージです。

スポンサードリンク

足の裏にある土踏まずは普段あまり意識することは無いかもしれませんが、土踏まずには衝撃を吸収するという大切な役割があります。

土踏まずが無い、いわゆる偏平足の場合は、足を着いたときの衝撃が膝や腰にダイレクトに伝わってしまうのはもちろん、脛や太ももの筋肉にねじれた状態で負荷がかかり、脚と繋がっている腰にも歪みが出てしまい、腰痛の原因となってしまいます。

テニスボールを1つ床に置き、踵よりちょっと手前のところで踏みつけ、乗せた足を引いてボールを親指の付け根付近まで転がし、また踵付近まで戻します。

ポイントはボールが指先にあるときには踵を床につけ、ボールが踵付近になっても足指を床に付けないことです。

スポンサードリンク

次にお尻のコリ解消です。

実は腰痛の原因にはお尻の筋肉のコリもあるのです。

腰に横から手を当てた時に、骨盤が一番出っ張っている場所がありますよね。

そのやや下後方にテニスボールを当て、ぐりぐりと強めに圧力をかけてみてください。

梨状筋は体の奥の方にあるので、圧力が足りないようなら、横になって体重を掛けてしまうのも有効です。

また、仰向けに寝た状態で膝を立て、お尻の下にボールを置いて、軽く腰を振りながら尾てい骨付近から足の付け根まで「痛気持ち良い」と思える場所を探り、見つかったらそのまま軽く体重を掛けるようにすると梨状筋が刺激され、お尻のコリがほぐれ、腰回りの血流が良くなることで腰痛の軽減が期待できます。

次に背中のコリについては、腰の下にテニスボールを置いて仰向けに寝るだけです。

脊柱起立筋のコリがほぐれて、腰痛の軽減や予防に役立ちます。

これはボールを2個、テープや使い古しのストッキングなどで繋いでおいた方がやりやすいかもしれません。

投資金額はテニスボールと必要なら固定用のテープだけの、お手軽簡単マッサージをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です