腰痛には近くの町医者が良い?ぎっくり腰になって実感したこと。


30代目前の都内出身、普段は事務員として働く女性です。

今の仕事に落ち着くまではアルバイトと派遣社員を続けていました。

特に学生の頃や20代前半は、フリーターをやりながら楽器演奏で休日はほぼどこかに楽器を担いで出かけていました。

スポンサードリンク

捻挫や中学の時の肩の脱臼で痛みが残った為、接骨院には通っていたのですが、ある日、カフェの仕事を掛け持ちして、月に2日しか休みが無かった為、過労が蓄積されてぎっくり腰になりました。

それがキッカケで通院の日々でした。

通ったのは小さい頃からお世話になっている柔道整復師の接骨院を経営している個人院です。

歩くのもやっとのことで診てもらうと、椎間板ヘルニアを母が持っていた為、遺伝して腰が弱い可能性があると言われました。

疲れを溜めないうちに、背骨や腰骨の周りの筋肉をほぐして治療していくとの方向性で、現在も3ヶ月に1度~2度程度通っています。

スポンサードリンク

今まではサービス業で動き回る仕事や力仕事が多く、残業もあり、場合によっては帰宅が深夜になる事もありました。

肝心なのは、違和感を感じたり、腰から背中、肩にや頭に痛みを感じ始めたらすぐに受診する事です。

また、腹筋を鍛えることを通院時にアドバイス頂きましたので、毎日簡単なストレッチと併せて、少し動かすようにしてケアをしてます。

腰は、痛みによっては動かした方が回復する痛みと、絶対に動かない事が大事である痛みと二通りあります。

勝手な自己判断をしてしまうと、起き上がれなくなり、最終的に救急車で運んでもらう事になってしまうので注意が必要です。

動けない場合は無理をせず、専門のお医者さんに電話で相談しましょう。

また、大きな病院よりも、信頼がある町医者に出会えるとラッキーです。

小さなこともホームケアも、早く治すための自己努力の仕方も教えてくれます。

腰痛はうまく付き合っていかなければいけない痛みにもなるので、何が一番自分にあった治療スタイルかを、お医者さんと話し合う事も大事です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です