ひどい腰痛の原因は椎間板ヘルニアでした!赤ちゃんを抱えた母親の治療法は?


中学生の時の部活中に腰が痛くなり病院にかかると、椎間板が痛んでいるかもしれないと言われました。

しかし、だましだまし何とか生活していました。

運動もしなくなり、腰痛もたまにあるもののそこまで重症ではないので普通に過ごしていました。

スポンサードリンク

しかし、大人になり出産を終えて子供を抱っこしている生活で、特に大きめの赤ちゃんだったという事もあり、産後すぐから腰がおかしくて布団で寝るときも大変な痛さがありました。

さらにまた出産し、次も大きな赤ちゃんで、二人同時に抱っこすることも増えました、たまに激痛が走ることがあって座るのも寝るのも辛くなり、「さすがに病院へ行った方が良いんじゃない?」という主人からの言葉で重い腰を上げて、整形外科を受診しました。

スポンサードリンク

私は、てっきりぎっくり腰だと思っていました。

腰を触ったりいつ痛いかいつから痛いのかなど色々と聞かれました。

ふと、中学生の時に椎間板ヘルニアの疑いがあったことを思い出し、その話をしました。

MRIという装置で写真を撮ることになりました。

何だか大げさなことになったなと思いましたが、子育て真っ最中であることもあり、今動けなくなったら大変困るのでお願いすることにしました。

結果は、やはり椎間板ヘルニアでした。

でも、手術を要するほどの状態では無いとのことでひとまず安心しました。

しかし、先生からは「なるべく重いものを持たないように!」という赤ちゃんを抱えた母親にはまず不可能な指示が出されました。

そして、痛くなった時のための痛み止めと近所の整骨院を紹介してもらい、牽引という腰の骨を引っ張る治療を勧められました。

しばらく通ったら痛みは少し良くなりました。

これ以上悪化するのが怖いので、腰の筋肉を鍛えて重いものもなるべく持たないようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です