椎間板ヘルニアが牽引治療で楽になりました。たまに痛む時はどうする?


私は今から約10年前、朝目が覚めるといきなり起き上がれなくなりました。

以前から腰痛はありましたが、起き上がれないほどの腰痛は初めてでした。

その時に近くの整形外科を受診すると、ぎっくり腰と診断されました。

スポンサードリンク

ブロック注射と投薬をして1回の通院だけで終わりました。

投薬は痛み止めと湿布でした。

ぎっくり腰は1週間ほどで治りましたが、それから腰の調子があまり良くなくて大きい病院の整形外科を受診することになりました。

そこでMRIを撮ってもらうと、椎間板ヘルニアだと診断されました。

病院でのリハビリで腰の牽引治療をしてもらいました。

スポンサードリンク

1回の治療は10~20分ほどでした。

牽引をしてからは腰痛もすっかり良くなりました。

でも無理をするとやはり腰痛になるので、本当に痛い時だけはロキソニンを服用していました。

また、腰痛ベルトと湿布は常に付けていました。

腰痛ベルトは効果があったのかはよく分かりませんでしたが、仕事の時は付けていました。

私に一番合っていた治療は牽引だったと思います。

2~3ヶ月通っただけでだいぶ良くなったので、その後は何もしていません。

今もたまに痛くなる時はありますが、10年前のあの時ほど痛いことはありませんので、痛い時は湿布をつける程度です。

私は腰をかばって歩いていたせいで膝も悪くなってしまいました。

膝は湿布だけで何とかなっています。

腰痛の時は歩き方にも注意しないと他の部位も痛めてしまうことがあるので気をつけた方が良いですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です