ぎっくり腰が良くなる方法は?熱いお風呂やコルセットなど紹介!


無理な姿勢をとったためぎっくり腰になりました。

ぎっくり腰になったばかりはまだ動けますが、1日休むと這いつくばって移動しなければなりませんでした。

外科に行く時も腰が曲がり、まるでお婆さんのように歩いてました。

スポンサードリンク

外科で湿布を貰いました、あとはロキソニンを飲んだりと痛みを和らげました。

一番良かったのが、病院の看護師さんに熱いお風呂に浸かると痛みが緩和すると教えられた事です。

こんなに痛いのにお風呂なんて入れないと思っていましたが、早く治したかったのでお風呂に熱い湯を沸かして入ってみました、そしたらなんと痛みが引きました。

スポンサードリンク

腰は冷やすと良くないことがよくわかりました。

2回ほど病院に通いました。

一応レントゲンなども撮りましたが、やはり何もありませんでした。

一つ一つの処置が、腰痛でピリピリしていた気持ちもおさえてくれました。

とにかく安静にしておいてくださいと言われました。

コルセットなども私は体が大きいので市販では売っていないような特注品でしたが、病院で出してもらいました。

コルセットをすると腰に柱ができたようになり、痛みも引き少し歩けるようになりました。

湿布とコルセットをして、寝ながら足の指をキュッと握る体操は腰痛を治すのに効果的です。

寝ながら足を立て右に少し曲げ左に曲げストレッチをすると腰痛の痛みが和らぎます。

そうしていくうちに段々と腰が動かせられるようになっていきました。

やはり一度病院で診てもらうと、心も安心し腰痛も必ず良くなることがわかりました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です