椎間板ヘルニアと診断されたが転院はあり?違う病名が出ることも。


腰痛で整形外科クリニックに行き、レントゲンを撮ったら椎間板ヘルニアのようなことを言われました。

その整形外科の中のリハビリテーション室で、理学療法士にリハビリの説明をされました。

けん引と電気治療を週二回通うよう言われました。

スポンサードリンク

自分も知識がなく、医師の説明もわかるようなわからないような感じだったのですが、とりあえずリハビリに通えばいいものと思って、それから通うようになりました。

その後、近所の人と整形外科の話をした時に、そこがあまり評判が良くない整形外科だと知りましたが、リハビリなんてどこも同じだろう、思ったので、暇を見つけてはコツコツとリハビリに通いました。

スポンサードリンク

ところがある日、いつものようにけん引と電気治療が終わって帰りに買い物に行くと、前にかがむことが出来なくなっていたのです。

下段の商品を取る時には、大股に足を広げまるで四股を踏むようなポーズで、やっと手に取ることが出来ました。

その日は家に帰って寝たきりになりました。

数日後、別のことで内科に行く機会があったので、理由を話して鎮痛剤を出してもらいました。

薬剤師に理由を聞かれ、整形外科での一件を話すと、「整形外科ほど誤診が多い科はないと思う。

」とのことで、薬剤師自身も椎間板ヘルニアと言われ、別の病院にしたら違う病名が出たのだそうでした。

私は今まで転院はしてはいけないと思っていたのですが、整形外科は医師がレントゲンをどう見るか、またどんな機器で検査するかで診断が違うので、不安だったら変えても大丈夫だと言われました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です