腰痛を防ぐには授乳クッションが良い?授乳時の姿勢に注意!


昨年、子供を産んで里帰りしていました。

我が子は完全母乳でした。

産後1ヶ月くらい経った頃、立ったときに何となく腰に違和感を感じました。

スポンサードリンク

そのときは、何となく痛いな~くらいにしか思っていませんでした。

しかし、その日から痛みがジワジワと強くなってきました。

立ったときや赤ちゃんを抱き上げた時だけ痛かったのが、座ったり授乳中にも痛み始めてきたのです。

ちょっとこれはヤバイなと思い、まだ帰省中だったので子供を母に預けて近くの整形外科に行ってみました。

スポンサードリンク

すると授乳するときの姿勢が原因だったようで、保険が使えたことに安堵しました。

授乳クッションがあるにもかかわらず、使うとなんとなく赤ちゃんが高い位置になってしまうのが嫌で、前かがみになって授乳していたのがいけなかったようです。

その姿勢を繰り返しているうちに、筋が伸びてしまったみたいです。

治療は、電気をあてて、先生の軽いマッサージを受けに最初の1週間は毎日通いました。

病院以外でも、コルセットをなるべく付けて生活していました。

1週間みっちりとやってもらったら、次の週からは週に2回通いました。

授乳するときは、もちろん授乳クッションを使いました。

1ヶ月通っていると痛みも感じなくなり、先生にも「痛い!と言う範囲が狭くなってきたね」と言われました。

それから更に1ヶ月ほど通い、腰痛は完治しました。

2人目のときは、最初から必ず授乳クッションを使おうと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です