腰痛の原因はカルシウム不足?タンパク質も一緒に積極的に摂りましょう!


初めての妊娠、出産後に腰痛が酷くなり悩んでいて、ついには前かがみの体勢が手の支えなしでとることができなくなってしまいました。

このままでは育児もままならないと思い、地域の助産師さんに相談したところ、まずは整形外科で原因を調べてもらうべきとアドバイスをいただいたので、近くの総合病院の整形外科を受診しました。

ベッドでうつ伏せに寝た状態で腰を触りながらの診察、レントゲン撮影などもしてもらった結果、カルシウムなどの栄養不足により背骨の一つ一つが薄くなってしまっていることを指摘されました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

また、背中から腰にかけての筋肉を育児で酷使しすぎて痛みの原因になってしまっているようだと言われました。

まず筋肉をなるべく使わないように育児は親に手伝ってもらうなど対策をとり、あとはカルシウムやタンパク質を積極的に摂るようにと言われました。

それと通常は痛み止めの注射を打つそうですが、授乳中で母乳に影響があってはいけないため、母乳に影響の少ない貼り薬を処方してもらいました。

約1ヶ月程痛みのある部分に朝晩使用し、またカルシウムとタンパク質の摂取を心がけたところ、だんだんと痛みが治まってきて、現在は半年程経過しましたが、ほぼ完治しています。

それでもたまに朝起きた時などに痛むことがありますが、寝方が影響するようです。

仰向けに寝ると腰に負担がかかるので、横向きで寝るか仰向けで寝る場合は腰のウエストの部分にタオルなどを挟んで寝ると腰に負担がかかりにくくなるそうなので実践しています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です