腰痛は病気のサインかもしれない?内臓疾患や婦人科系の病気が原因?


重いものを持った時にギクッと腰に激しい痛みが走った経験があるという方もいると思います。

いわゆるぎっくり腰と呼ばれるそれは、不規則な生活など様々な原因によって疲労が蓄積している体に、ふとした動きを加えた事によって起こるとされています。

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症ですから、まさに読んで字のごとくといった雰囲気がありますね。

スポンサードリンク

実は腰痛というのはぎっくり腰の他にも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といったように原因がはっきりとわかっているものは全体の15%程しかないそうです。

つまり残りの85%はというと原因不明の痛みということになります。

痛みを訴えて病院を受診しても、レントゲンやMRIなどで発見することが難しく、明確な対処ができないという非常に厄介なものです。

スポンサードリンク

それら原因不明の腰痛を緩和するためには、普段の姿勢を正したり定期的な運動を心がけるなどが良いとされています。

そのように身体的な原因ならばまだいいのですが、中には別の箇所の痛みが原因で腰痛に発展しているというパターンもあります。

その最たる例が、内臓の疾患です。

腹部大動脈瘤や十二指腸潰瘍、癌の転移など重大な病気が原因という可能性もあるのです。

他にも尿道結石や胆石症、子宮筋腫といった婦人科系の病気も潜んでいるかもしれません。

また、過度なストレスや総合失調などの精神的な疾患によって起こることも考えられます。

なかなか症状が改善しなかったり、むしろ悪化してきてしまった時には別の病院を受診するのもいいでしょう。

そもそもまだ病院に行っていないといった場合には、整形外科の受診をした方が良いですね。

腰痛は病気のサインかもしれないのですから、そのサインを見過ごさないようにしたいところです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です