産後の腰痛 ヘルニアの傾向でしたが治すことができました


私は19歳の時、右足が痺れて歩きにくくなった為整形外科を受診しました。

レントゲンを撮るとヘルニアになりかけていると言われましたが、特に手術や継続的な治療は必要無いと言う事で、腰痛体操を教えてもらったりしました。

しばらくしたら治り、その後は無理な姿勢をすると少し腰が痛む程度でした。

スポンサードリンク

しかし2年後出産をすると、出産直後から退院するまで、立てないほどの腰痛になり毎日鎮痛剤を飲んでいました。

退院してからも治る事はなく、赤ちゃんがいるので簡単に病院に行く事も出来ず、鎮痛剤を飲みながらの生活でした。

少し落ち着いた頃、色々な整体やマッサージに行きましたが変わりませんでした。

スポンサードリンク

するとある日ぎっくり腰のような衝撃があり、立つのも辛くて少し動くだけでも痛い状態になってしまいました。

なんとか子供を預けて急遽整形外科に行き、その場でMRIを取ってもらいました。

やはりヘルニアの傾向があるとのことで、リハビリをする事になりました。

リハビリの内容は、電流を流したり、腰を温める機会で温めたり、動く椅子に座って腰のマッサージをしたり、ウォーターベッド、そして理学療法士さんのマッサージでした。

毎週毎週通っているうちにどんどん楽になり、普通の生活が出来るようになりました。

そして治療は終わり、それから3年ほど経ちますが酷い腰痛にはなっていません。

もちろん無理な姿勢をすると少し痛くなったりしますが、腰痛体操で良くなります。

常に腰痛がある人は整形外科に行き、検査をしたりリハビリをすると良いと思います。

たまに痛む場合は、腰痛体操をすると良いと思います。

そして普段から腰を痛めないよう、姿勢や生活に気をつけると良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です