臀部の痛みの原因は?ビリビリ走る痛みを劇的に緩和できた方法とは?


高校生の時、それまでは全くの未経験であったバレーボール部に縁あって所属しました。

未経験者であったので、他のみんなに負けじと朝練に通い自宅に帰ってきてからも外で練習を重ねる日々でした。

しかし、フォームの崩れや筋力の不均等などから入部から1年たったあたりから腰痛を発症し、整形外科にてレントゲン撮影をしたところ椎間板ヘルニアの疑いがあるとの事でMRI撮影をする事になりました。

スポンサードリンク

撮影してみると、やはり軽度ですがヘルニアになっていました。

第4腰椎の下の椎間板が右側だけ少し飛び出ていました。

当時は腰より臀部の痛みが激しく、歩く度にビリッビリという電気の走るような痛みが続いていました。

整形外科では牽引と言って腰をぐーっと機械で引っ張るリハビリ、背筋よりも腹筋が弱いとの事で筋力トレーニングなどを行い、腰ベルトを処方され運動のときなどに使用していました。

スポンサードリンク

スポーツ用の腰ベルトで骨盤を締めつけるように装着するとかなり楽でした。

2ヶ月以上通いましたが、劇的な改善は見られずさらにカイロプラクティックにも通いました。

カイロプラクティックは医療機関ではなく、保険は効きません。

病院でリハビリ代を払うより高い治療代がかかるのですが、その効果は劇的なものでした。

カイロの先生に施術してもらうと体の至る所のだるさや痛さが緩和されます。

体をバキバキ鳴らされて痛いようなイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、見た目や音程痛くありません。

まったく痛くなくむしろ気持ちいいです。

いつも同じところがずれていてそこを治すだけで痛みが取れますが、筋力不足や日常生活での姿勢の悪さ、動作の癖(座り方、鞄の持ち方、よく使う利き手に偏った動きなど)で元に戻ってしまいます。

筋力をつけ常に骨盤を軸に骨格を正しい位置に戻す事が出来ると改善される腰痛もあると感じました。

実際私は椎間板がヘルニアになっているにもかかわらず、腰痛さらには臀部から大腿部にかけての痛みも改善する事が出来たのです。

何かあると痛みを繰り返しながら、腰痛と付き合っている状態ですが、現在は整形外科ではなく、症状が出るとカイロプラクティックに通っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です