中学生の時に椎間板ヘルニアになりました。手術せず気導術で…?


私は、スポーツが大好きでした。

中学生の時に激太りして、それでもバスケットと陸上をしていた為に腰に負担がかかり、整形外科を受診しました。

椎間板ヘルニアと診断され、その頃は成長期だった為に手術は出来ず、上手く付き合うしかないと言われました。

スポンサードリンク

座っていても、立っていても、寝ていても痛くて、ロキソニンが手放せずにいました。

いろんな整形外科を受診しても同じ結果で、痛いと受診する度にMRIやCTを撮り、毎回20,000円近くの出費でした。

高校に入り、部活にも所属せず腰を休めたのが良かったのか、腹筋と背筋をつけ激痛ではなくなりました。

スポンサードリンク

それでも腰痛はあり、雨の日や台風の前日、冬場は特に痛かったです。

そんな時、母の紹介で気導術を取り入れている病院へ半信半疑で行きました。

お腹や腰の筋肉を正常な位置に戻すことによって、歪んだ姿勢を直し痛みを取るというものでした。

腰が痛いと言ってるのにどうしてお腹を触るんだろうと思いましたが、そこに通って3日目にはもう痛みはありませんでした。

今もまだ週に一度通っていますが、雨の前の日も冬場も全然痛くなりません。

痛み止めのロキソニンもしばらく飲んでいません。

腰痛は辛いし気分まで憂鬱になると思います。

しかし、いつどこで治るかも分かりません。

どうせいつもと同じ治療だろうと諦めず、自分に合った治療を見つけることが大切だと思います。

私は、出産も腰痛持ちのために帝王切開だと言われましたが、今年無事に自然分娩で一人目を出産出来ました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です