腰痛で怖い思いをした話です。お婆さんのような姿勢に…。


看護師をしていた為、元々若い頃から腰痛持ちでした。

仕事中はコルセットをして、腰痛が悪化したりギックリ腰にならないように気を付けていました。

6月のまだ暑いとは言えない日に河原でバーベキューをして、食べた後に川で子供達と遊びました。

スポンサードリンク

川の水はまだまだ冷たかったですが、太もも辺りまで入って、4歳と2歳の子供達と遊んでいました。

冷たい水で冷えた上に、前屈になって子供達と遊んだせいか、翌日から徐々に腰が痛くなり、二週間経っても軽快しなかったです。

そして、職場まで片道一時間程の車通勤も腰に響きました。

軽快するどころかどんどん痛みが増して、立ち上がったり、歩いたり日常的な動作が苦痛になりました。

スポンサードリンク

軽く膝を曲げて、少し腰を落とした姿勢で動くのが一番痛みがマシで、本当にお婆さんそのものでした。

もう限界と思って、腰痛専門の整形外科を受診しました。

レントゲンを撮って貰いましたが手術が必要なほどのレベルではないとのことで、消炎鎮痛剤を処方して貰って二週間の安静を指示されました。

2日程してから腰痛は「あれ?」というほど軽減していきましたが、今度は太ももが痺れてピクピクと痙攣したまま治らなくなりました。

ネットで検索したら、コルセットをキツく締め過ぎたりすると起こる異常感覚性の大腿神経痛のようでした。

腰痛が強すぎるがために、コルセットをキツく締め過ぎていた自業自得ってやつでした。

とりあえずコルセットを緩めて安静に過ごし、真面目に薬を飲んで、その後は腰痛悪化なく、太ももの痺れも取れて経過良好でしたが、腰痛は何をするにも身体の軸となるので本当に怖い思いをしました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です