ぎっくり腰で鍼灸接骨院にかかりました。鍼を打つと少し良くなりましたが…。


アパレルの仕事中に初めてぎっくり腰になってしまいました。

最初は「痛いかな?」という程度でしたが、一時間程経つと痛みで立っていても座っていても耐えられなくなってしまい、急遽仕事を早退して近くの鍼灸整骨院を受診しました。

はじめに、これまでにスポーツをしていたか、腰痛などはあったかなどの問診を受け、ベットに横になり痛みの様子を見てもらいました。

スポンサードリンク

腰が炎症を起こしているとの事で、鍼を打ってもらう事になりました。

初めての経験でしたが、痛みはなくじんわり鍼を打たれた部分が痺れるような感覚でした。

鍼を打った部分に電気を流してもらい、そのまま30分程治療を受けました。

スポンサードリンク

まっすぐに腰を伸ばして歩く事はまだ出来ませんでしたが、ゆっくりならば歩く事ができるようになり、その日はタクシーで帰宅しました。

病院の先生がコルセットを貸してくださり、巻くと支えられているようで、かなり楽でした。

その日は柔らかいマットレスは良くないとの事で、ベットではなく布団を敷いて寝ましたが、起きると再び体が固まって痛みも酷くなっていました。

家族に送ってもらい、整形外科を受診しました。

レントゲンを撮り、腰の状態を確認しました。

すると、やはり疲れが溜まり炎症を起こしているという診断でした。

その日は痛み止めと湿布を処方されました。

一週間仕事を休み、安静にして過ごし、翌週からリハビリの指導を受けました。

医師からは腹筋と背筋をつけるように指導を受け、体を少しずつ慣らしながら今では毎日ストレッチをするようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です