腰痛にはタオルを使ったストレッチがお勧め!その方法とは?


早くに出産を経験し、20歳頃から痛み止めを飲まないと動けなくなる程の腰痛に悩まされるようになりました。

長時間椅子に座ると、立ち上がるのにとても時間がかかり、同僚からは若いのにお婆さんみたいだとよく言われました。

まるで針金が体に入っていて神経を突かれているような痛みです。

スポンサードリンク

最近では夜中に寝返りを打った後に元に戻れず動けなくなってしまいました。

病院に連れて行ってもらうにも動くと激痛が走るため、起き上がることも外出もできず、整形外科に行けたのは3日後でした。

3日経っても、立ったり座ったりの動作がスムーズにできず、通勤、仕事、家事と生活に支障が出てとても困りました。

スポンサードリンク

レントゲンを撮ってもらうと、背骨の歪みと骨盤が開いているのが原因とわかりました。

痛み止めと湿布を沢山もらいましたが、痛み止めは長期間服用すると副作用が出るとのことでストレッチ体操を勧められました。

特に良いのが骨盤の位置を治すもので、仰向けで横になり腰の下にタオル等を縦に半分に折りそれをロール状に丸めたものを当てて足を肩幅に広げ、腕は頭の上に伸ばし手のひらが地に着くようにして20分寝転がるていうものです。

はじめは痛くて20分も持ちませんでした。

そのような時は10分から始め、少しずつ時間を延ばしていくといいようですが、20分以上は続けないようにと言われました。

これを2週間続けると痛みがなくなり、逆に気持ちがよくなります。

今は毎日はしていませんが、痛くなりそうな時には必ずするようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です