疲労性腰痛にはストレッチと筋トレが良い?整骨院で学んだ事。


3年ほど前に、もともとあった腰痛がかなりひどくなり、歩くのも厳しい状況だったので、時間的にも距離的にも行けそうな近所の整骨院に行きました。

整骨院なのでレントゲンなどはなく、痛む場所を確認していくと骨盤のずれがあるそうで、病名としては疲労性腰痛という事で治療に移りました。

主な原因は、とにかく筋肉が固まっているような状態だったようで、無理な姿勢で仕事をしている事が習慣となり、そのような姿勢になる事で更に悪化を繰り返しているうちに慢性化してしまったとの事でした。

スポンサードリンク

施術内容を説明してくれて、筋肉を和らげるストレッチと骨盤付近を柔軟にするストレッチを十分にやりながら、今後の治療方法やストレッチなどを教えてくれました。

この日はストレッチと身体の歪みなどを確認して、腰から背中にかけてローラーのようなものを使っての治療を行いました。

スポンサードリンク

初日は、筋肉をほぐす事と全体的な歪みを確認して調整する事を中心に行ったのですが、だいぶ楽になりました。

翌日もとのことでしたので続けて行くと、やはり筋肉を和らげる事からスタートして、骨盤や背中にある歪みを調整するように治療を行い、電気治療なようなものをして終了しました。

その時に、日頃から家庭で行えるようにストレッチと筋肉トレーニングを教わり、できる範囲で良いので続けるようにと言われ、次は状況が良くないようならばまた…という事で一応完了したようでした。

整骨院で伺った事は、仕事柄姿勢が悪くなる事が多いため、その姿勢が身体の歪みをつくってしまい、この時には筋肉の使い方が間違ってしまっているようです。

そのような状態を繰り返してしまうと、慢性化した腰痛になってしまうそうです。

この状況を改善させるには、日頃のストレッチと筋トレを行う事で状況はだいぶ良くなるそうです。

それでも痛みがあるのであればまた来てくださいと言われましたが、その後は多少の痛みは出るものの通院を考えるほどではないので今のところ問題はありません。

ストレッチと筋肉トレーニングの重要性を知る事が出来て良い勉強にもなりました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です