介護での腰痛はコルセットがおすすめ?どうやって治せばいいの?


今から約10年前、18歳のころから介護の仕事をしています。

入職後2ヶ月ほどたったある日の勤務中、あるご利用者様のトイレ介助をしている時でした。

いつものように介助をしたとき『ピキッ』と自分の身体に電気が走ったような感覚があり、その場から動けなくなりました。

スポンサードリンク

腰が痛い、と言うより身体の下半分が痺れた感覚になりました。

とにかく介助中のご利用者様の安全を守らなければならないと思い、大きな声を出し、外の職員を呼び、利用者様の介助と私自身を車イスに乗せて貰いました。

座った瞬間飛び上がるような激痛が全身に走り、思わず眼から涙がこぼれました。

『このままではまずいから』と上司に言われ、早退し、病院へ行こうと思いましたが、自分の力で車イスから立つことが出来ず、病院が隣接しているので上司に車イスを押してもらい、病院に行きました。

運悪く、その日は日曜日の為、内科医しかおらずシップ薬と、鎮痛剤を処方してもらい、次の日の整形外科予約を取りました。

その後家族に迎えに来てもらい、何とか家につきうつ伏せになって過ごしました。

スポンサードリンク

次の日、なんとか歩けるものの、腰を伸ばすと激痛が走る為、腰を丸めてなんとか病院へ行きました。

CTとレントゲンを撮り整形外科の診察。

医師から言われた言葉は『綺麗なモデルのような背骨です。

仕事で中腰になることが多いから筋を痛めているのとぎっくり腰でしょう』との事でした。

腰に巻くコルセットを勧められ院内売店で売ってる為、購入しました。

気の持ちようかコルセットを着用したら、痛みが和らいだ気がしました。

それから、3日程、仕事を休みましたが、日に日に痛みは薄れていきました。

ですが、仕事に復帰してからも中腰の体勢を続けたり力仕事をする腰が痛みました。

再度整形外科を受診すると医師から、接骨院を勧められました。

初回はカウンセリングと痛む箇所の5分程の施術と10分程の電気針をしてもらいました。

それから、今でも週1日ほど接骨院に通っています。

仕事中は必ずコルセットをしていますが、大きな腰のトラブルなく、今も介護の仕事を続けております。

コルセットは自分の体に合うものをしっかり選べば、腰痛予防に効果がおおいに期待できると思います。

腰痛に苦しむ前からつけていればよかった、と後悔しています。

接骨院も骨盤矯正も同じにでき、痛みも和らぐし、保険適応なのでさほどお値段もかからず、腰痛を改善したい方にはお勧めです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です