出産後の腰痛はベルト一つで改善できる?早めの対処をおすすめします


私は今年25歳になる主婦です。

旦那と娘の三人暮らしをしています。

結婚、出産をきっかけに仕事を辞めて、専業主婦になりました。

スポンサードリンク

働いているときは、常に体を動かす仕事だったため、ストレッチや体操は欠かさず毎日していました。

しかし、家での生活になってからほぼ家事でしか体を動かしていなかったため、出産を終えて間もなく、腰に違和感を覚えました。

出産し骨盤が開いたことで、一時的な違和感かと思っていましたが、産後半年を過ぎても腰に痛みがあったりと、長い間歩いたり、立っていることが辛いと感じるようになりました。

スポンサードリンク

急に立ったり、しゃがんだりすると、腰をつったように筋肉がはってしまうこともあります。

このままではまずいと思い、一応出産でお世話になった産婦人科の先生に診てもらうことにしました。

産後いたくなる人も珍しくはないそうで、知り合いの整形外科を紹介してもらいました。

レントゲンをとって、左右のバランスを診てもらった結果、治るまで矯正ベルトを装着することになりました。

腰の骨がずれており、炎症が起きていることがわかりました。

矯正ベルトはお風呂に入るとき以外は、着けていなければならず、夏の暑い日は大変でした。

しかしベルトを着けていると、腰が固定されることで、歩くのもしゃがむのも楽になりました。

ベルト1つでここまで改善されるなら、もっと早くに病院へ相談しに行けば良かったと思いました。

今ではベルトをはずし、普通に生活をしていますが、以前のようにストレッチと体操を始めました。

体を柔らかくすることも、予防だと学びました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です