椎間板ヘルニアで無理なリハビリにより悪化しました。気楽なストレッチが良い?


最初は起きられないほどの腰痛があり、整形外科に行きました。

背骨が曲がって筋肉のつき方が均等でないから治療方法はないとの話で、湿布とコルセットをもらって帰ってきました。

その後、湿布を貼っても痛みが続き、かかりつけの内科で鎮痛剤をもらい続けていました。

スポンサードリンク

2年くらいその状態で痛みがあったのがさらに悪化し、ついに呼吸をするのも痛いほどになってしまい、別の整形外科に行ってみました。

そこで検査をしたら椎間板ヘルニアという診断をされ、週1~2回のリハビリが必要と言われました。

リハビリ技師から説明を受けてカウンセリングをし、姿勢などの指導をされ、それから週1回くらいは通っていました。

スポンサードリンク

そして2ヵ月目に入った時に、リハビリに行った帰りに痛みがかなり増してしまい、買い物に寄った時にかがもうとしても全くかがめない状態になりました。

下の棚に陳列してある商品を取る時、まるで力士が四股を踏むようなポーズでないと取れないくらいの痛みで、その後は家に帰るのもやっとでした。

その話を友人に話すと、その整形外科はリハビリで無理をさせるのであまり評判が良くないとのことでした。

口コミは大事だと思いました。

じっくりと良い整形外科を探そうかと思っていた頃、いつもの内科の帰りに薬剤師と話をしていたところ、鎮痛剤を多く飲んでいたため薬剤師に理由を聞かれました。

そしてリハビリを止めた理由を話すと、偶然にも薬剤師も椎間板ヘルニアで悩んでいたということで、一冊の本を出してきて「この本のストレッチをやったら一週間くらいで良くなった」と教えてくれました。

普通に書店にある健康本です。

リハビリで良くなると思いがちな腰痛ですが、無理なリハビリをするなら気楽にゆっくりとストレッチをする方が良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です