ヘルパーにオススメの腰痛ベルトは?しっかりした作りのものが良い?


ヘルパーの仕事は介護を必要としている高齢者をベッドから起こしたり、トイレでの介助をしたりと、腰を酷使する仕事が非常に多いのが特徴です。

そのため腰を痛めてしまい、慢性腰痛を患ってしまうヘルパーさんが多いようです。

ヘルパーという仕事をする上で腰痛ベルトは必需品と言われており、ほとんどの方は腰痛ベルトでしっかり腰を固定した上で作業を行っているのですが、それでも完全に腰痛を回避することができずにいるのが現状なのです。

スポンサードリンク

やはり本人にぴったり合った腰痛ベルトを選んでいないことが一番の原因となるので、まずは腰痛ベルトを販売している専門店に出向いてサイズや体型などに合った製品を選んでもらうことが理想です。

スポンサードリンク

ヘルパーの場合は仕事で使用するタイプの作りがしっかりしているものを選ぶ必要があります。

日常生活で腰痛をサポートするタイプの腰痛ベルトだと、重い人の身体を支える作業には腰痛を防止するまでの効果が期待できないので、その辺をしっかり区別して荷物の運搬作業をする仕事をしている人たちと同じタイプの業務用腰痛ベルトの購入が必須となります。

近くに腰痛ベルトを専門的に販売している店舗が無い場合には、整形外科で相談してみるのも一つの方法です。

整形外科には大抵理学療法士が常駐しているので、ヘルパーなどの作業にも対応する腰痛ベルトを購入できる通販サイトなどを紹介してもらえるはずなので、どんどん聞いてみることをおすすめします。

ヘルパーという腰を酷使する職業では、良い腰痛ベルトに出会えるかどうかでその仕事を長く続けていけるかどうかが決定するといっても過言ではありません。

ですから、決して腰痛ベルト選びを軽く考えないようにして自分が納得するつけ心地のものが見つかるまで、しっかりと探すようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です