腰痛を治す方法とは?育児中にグルコサミンのサプリメントと筋トレで腰痛が解消?

20150611
私は高齢出産をしました。

そのせいか育児中は腰への負担が大きく、慢性的な腰痛に悩んでいました。

そんな私は、週に1度夫の仕事が休みの時に、病院で腰の牽引と電気マッサージとをしてもらっていました。

スポンサードリンク

これらの効果は高く、施術後の腰はかなり楽になるのですが、数日経つとまた痛みが復活していました。

料理の時も掃除の時も買い物の時も、いつでも子供を抱っこしたりおんぶしたりしていたので、いくら牽引や電気マッサージで症状が軽くなってもすぐに元通りになってしまうのです。

毎日施術してもらえば良いのでしょうが、夫が休みの時しか通院できなかったので、それは不可能でした。

そのため、腰痛を治す方法として今度はグルコサミンのサプリメントを飲むことにしました。

サプリメントなら、夫がいてもいなくても毎日飲むことができます。

グルコサミンは、関節内の軟骨に存在する成分です。

軟骨は骨と骨との間でスポンジやクッションのような役割を担っています。

骨と骨とがぶつかると、その衝撃で神経が刺激されて痛みが生じますが、柔らかい軟骨があればそれが防ぐことができるのです。

しかし重い物を持ち上げたりして関節に大きな負担をかけていると、徐々に軟骨はつぶれて厚みを失っていきます。

スポンサードリンク

すると、骨同士がぶつかり合うようになり、痛みで体を動かしにくくなります。

これが関節痛なのですが、私の場合はこの現象が腰において起こっていたわけです。

そのため、軟骨成分のグルコサミンをサプリメントで摂取することで、軟骨の厚みを増やそうと思ったのです。

私はグルコサミンのサプリメントを毎日朝晩2回飲みました。

水分補給のついでに飲めるので、育児でバタバタとしている日々の中でも問題なく飲み続けることができました。

最初の2~3ヶ月は特に変化を感じなかったのですが、4ヶ月ほど経過した頃から腰痛がそれほど気にならなくなってきました。

子供が成長して重くなってきているにも関わらず、抱っこやおんぶが苦痛ではなくなってきたのです。

以前は腰痛のためなかなかできなかった肩車もできるようになりました。

嬉しくなった私は、今度は腰痛を治す方法として知られているスクワットなどの筋トレも始めてみました。

以前も試したことがあったのですが、その時には痛みで実践が困難でした。

しかし改めて実践してみると、全く痛まずスムーズに行うことができました。

体力が低下していたので最初は1分程度しかできなかったのですが、徐々に時間や回数が増えていきました。

グルコサミンのサプリメントと筋トレの効果で、私の腰痛はどんどん解消されていきました。

やがて子供が成長し抱っこやおんぶをする機会が減ってきたことで、腰痛は完全になくなりました。

しかし加齢により再び腰痛が生じる可能性があるので、現在もサプリメントと筋トレは続けています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です