腰痛のベルトの緩め過ぎは効果なし?腰椎・骨盤・筋肉をサポートすると良い?


腰痛をケアしながらのお仕事や、腰痛の予防の為に腰痛ベルトを着用している方もいると思います。

「苦しい」と思うこともあると思います。

しかし、「腰痛ベルトは苦しいから最初から緩めに着けています」というのでは、腰痛ベルトを「使っている」という安心感だけで、殆ど意味をなしていません。

スポンサードリンク

慣れない当初は、きつく、苦しく感じてしまう腰痛ベルトですが、次第に慣れてくるものなので、頑張ってちゃんとした着用方法で使った方が良いと思います。

「頑張ってキツめに締めていたけど、やっぱり苦しい」と思うのであれば、初めて「少し」緩めて着用すれば良いと思います。

最初から緩めでの着用はオススメ出来ません。

スポンサードリンク

腰痛ベルトは、正しい位置に正しい着用方法をすることで、腰痛・腰痛予防に効果が表れるものです。

骨盤に引掛けるようにきつく巻いても、ずれ上がってきてしまうので、最初からウエスト周囲に巻くようにしている方を見かけることがありますが、あれでは腰痛ベルトの効果は得られません。

「ズレたら直す」を面倒臭がらずに行うことが大切になります。

腰痛ベルトは、ある程度体の可動範囲を狭めてしまうものです。

その中で、腰椎・骨盤・筋肉をサポートし、痛みに繋がる姿勢にならないようにしてくれるものということを意識するといいと思います。

腰痛ベルトをした時に「苦しい」と思うのは、確かに「締め付け過ぎ」の場合もありますが、体の可動範囲を狭めることで腰痛予防をしているということを心掛けながらも、少々キツめに締めるのがベターだと思います。

少々キツめに締めた上で、苦しいと思ったら「少しだけ」緩める、更に苦しいと思ったら「少しだけ」緩めるを繰り返し、程よい締め加減を見つけられたら良いと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です