腰痛ベルトの常用は筋肉が弱ってしまう?腹筋や背筋を使わないと衰えるから?


腰が痛い時に巻くと腹筋や背筋の支えとなって腰痛が緩和される腰痛ベルトですが、常用するのはあまり体に良くありません。

実は腰痛が改善するどころか悪化してしまう可能性の方が高いのです。

腰痛ベルトというのは端的に言ってしまえば、腹筋や背筋の代用品です。

スポンサードリンク

その代用品を常に付けているということは本来の筋肉を使用しなくても良い状態が続くため、使う機会が失われてしまいます。

使わない状態が続くと、段々と腹筋や背筋などの筋肉が衰えてきてしまうのです。

そのため、不安だから、楽だからといって常に付けている生活をしていると筋肉が弱くなり、更に腰痛が悪化するということに繋がってしまうのです。

スポンサードリンク

不安な気持ちも分かりますが、少しずつ頼らない時間を増やしていくことが腰痛の改善に繋がります。

重いものを持つ時や立ち仕事をしている時などに限定して、使用していくと良いと思います。

しかし、とても痛みが強くて起き上がるのも辛いというレベルなのに、筋肉が弱ることを危惧して腰痛ベルトを使用しないというのも、回復する時間がなくなってしまうので良くありません。

自分の身体に合わせて使用する時間を決めるのが大切だと言えるでしょう。

弱ってしまった筋肉を鍛えることは可能ですが、歳を重ねた方などにとっては容易なことではないので、常に弱らないように予防しておくことが大切です。

筋トレをすることが有効ですが、その際には一般的に行われる腹筋などは避けるべきです。

これは腰に負担がかかるので、腰痛が悪化していしまう可能性があるためです。

椅子に座って背筋を伸ばし、姿勢を良くしているだけでもかなりの効果が見込めるので、まずはこのような手軽に行えることから習慣づけていくと良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です