腰痛による足の痛みは悪い腰痛?!早めの医師の診断をおすすめする理由

20150516
中高年になると、腰痛を感じることも多くあるのではないでしょうか。

腰痛には程度の軽いものから本当に辛く重いものまであります。

そんな腰痛が原因で足の痛みが出ることがあります。

スポンサードリンク

腰痛には良い腰痛と悪い腰痛があるのですが、足の痛みを伴うような腰痛は悪い腰痛に含まれます。

下半身の神経をつかさどるものの中に腰椎があり、この腰椎の病気にかかると足の痛みや足の痺れなどの症状を引き起こしてしまうことがあります。

足の痺れがひどくなると歩けなくなってしまうこともあるので、しばらく様子を見るなどして軽視せずに、異常を感じたら早めに専門である整形外科医を受診することをお勧めします。

まずは、腰痛が起きた時点で良い腰痛か悪い腰痛かを見極める必要があるのですが、専門的なことなので自己判断せずに医師に診断してもらわなければなりません。

レントゲンやMRIなどで腰痛や足の痛みの原因が早めに分かれば早期に治療を行うことができるので、治りも早いはずです。

スポンサードリンク

中高年になると腰痛や足の痛みを歳のせいにしてしまって病院に行かないという方もいらっしゃるかもしれませんが、痛みには必ず原因があるはずです。

病院で痛みの原因を明確にすることで日常生活も楽になるので、必ず病院で腰痛と足の痛みを治すために医師の診察を受けてください。

もしかしたら、椎間板ヘルニアが進行して足に痛みが出ている可能性もありますし、そのような場合は自力で治すことは不可能です。

また、良い腰痛だったとしても腰への負担が足の痛みを引き起こす原因となっていることもあるかと思います。

そのような腰への負担を減らすためには、腰痛がひどくなる前に対策を立てることができます。

腰への負担を減らすためには、あまり体に負担をかけないように無理をしないように心掛けることや、きちんと運動をすること、バランスのとれた食事をすることが大切です。

中高年になると若い時の負担が体に出てきてしまうこともあるので注意が必要です。

これらの日常生活で色々なことに気を遣うとともに骨がスカスカにならないような生活を送るようにしましょう。

日常生活で注意すれば、腰への負担が減り、腰を強くすることで腰痛や腰痛が原因の足の痛みをなくしていけると思います。

悪化する前に腰痛を防止し、それでも腰痛や足の痛みが出てきてしまったら整形外科医を受診することで、腰痛や腰痛が原因の足の痛みを改善する治療を受け、医師のアドバイスをもらうことが大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です