腰痛を緩和させる方法は?背骨の歪みや血流の悪さを改善させると良い?


病名のつく腰痛に関しては医療的な処置が必要となるので、ここで述べるものは慢性的な腰痛の緩和とぎっくり腰などの一時的な痛みの緩和方法について考えてみたいと思います。

医療的な処置が必要なぎっくり腰や慢性的な腰痛の主な原因としては、「背骨の歪み」や「血流の悪さ」が原因していると考えられます。

背骨の歪みの対策としては、毎日背筋を伸ばして過ごしたり30秒ほど正座をするということで、背骨の歪みが改善されていくとのことです。

スポンサードリンク

あと、毎日のお風呂の際には、熱過ぎない程度の約40度の湯船に浸かって自分の手で腰をゆっくりと指圧していくことにより血流が良くなるので、ぜひ一度お試しください。

スポンサードリンク

また、最も良い緩和方法とされているのが「ストレッチ」で、「腹筋、背筋のバランスの強化」が必要となります。

難しそうだしハードルが高いように思われますが、腹筋もやり方次第で腰に負担をかけずに鍛えることが可能です。

まず腹筋ですが、仰向けになって足を曲げて、どこでも良いので足先を引っかけて首と肩だけを起こし、おへそを見る形にすると腹筋に力が加わり鍛えられることができます。

ストレッチは上半身は仰向けのまま、下半身(足)を交差させて10秒ほど固定します。

これを左右に繰り返します。

簡単なようですが、意外としっかりと腰に影響を与えることができます。

腰と背筋を強化することにより背と腹両方のバランスが整っていき、腰痛の緩和につながります。

毎日少しずつでもしていくと良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です