腰痛をすぐ治す方法とは?腰回りの筋肉を温めながらゆっくりと動かしてほぐすことが大事?

20150614
普段は何ともなくても、ある時急にくるのが腰痛です。

体験者なら分かると思うのですが、腰痛は想像する以上に痛くて立って歩くことはおろか寝返りをうつことですら厳しくなるほどで、腰痛になってしまった時にはすぐに治したいというのは腰痛になった人が全員思うことでしょう。

腰痛に悩む人の多くは、腰痛は長時間かけて徐々に治していくもので、腰痛をすぐ治す方法なんてあるわけがないと思っている方も多いかもしれませんが、実は完治させるまではなくとも、腰痛をかなり軽減させる方法というのであれば存在します。

スポンサードリンク

その方法も非常に簡単な方法で、特別な道具などは一切必要ありませんし、場所を取る必要もありません。

その方法とは、まず仰向けに寝転がり両膝を90度の角度で立て、腰を中心に膝を左右どちらかの倒しやすい方向に倒します。

5秒程度かけてゆっくりと倒し、倒したあとも息を吐きながらその姿勢をキープして、またゆっくり戻す。

これを3回ほどやるだけで、腰痛はかなり軽減されます。

スポンサードリンク

動かす際も無理に動かすのではなく、動かせる範囲でゆっくりと動かすようにすれば痛みもひどくなりません。

何故この方法が腰痛に効果があるのかというと、腰痛の原因には筋肉が関係しているからです。

そもそも腰痛というのは、骨がずれたりするというケースはほとんどなく、腰回りの筋肉が原因であることが多いのです。

姿勢が悪いとその姿勢を維持するためにその周辺の筋肉に大きな負担がかかります。

腰というのは体の中心で影響する筋肉も多く、その関係で不自然な姿勢を維持し続けた筋肉が限界を超えた時に腰痛としてサインを発してくるのです。

そのため、この運動によって少しずつ腰の筋肉の硬直を取り除くことで、腰痛を軽減させることが可能というわけです。

なお、この運動を行う際には、しばらく手を直に患部に当てて体温で筋肉をしばらく温めたりすることで、より効果が高くなります。

温められた筋肉は柔らかくなりやすく、筋肉をほぐす運動であるこの方法とは相性が良いのです。

この治療法は手軽に行え、かつ効果が大きい方法として腰痛に悩む人の間では話題になっています。

残念ながら椎間板ヘルニアなどのように骨ごとずれてしまうような腰痛には効果は期待出来ませんが、一般的な腰痛であればすぐに治すことが出来るでしょう。

とにかく手軽に出来る方法なので覚えておいて損はないですし、その後の回復も早くなりますので、積極的にやっていきたい方法です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です