腰痛ベルトの装着時間の目安は?長時間着けっぱなしにすると腰痛が悪化する?


腰痛ベルトを使用する時は正しい位置も気にしますが、もう一つ気になるのが使用する時間ではないでしょうか。

腰痛ベルトは一日中着けっぱなしにしていて良いものなのでしょうか。

実は、腰痛ベルトは長時間使用し続けると、腰痛を悪化させる可能性があると言われています。

スポンサードリンク

というのも、腰痛ベルトは腰を支える筋肉をサポートするために使用するので、腰回りの筋肉を衰えさせてしまう可能性があるからです。

そのため、寝ている時以外の長時間着けっぱなしにしておくというのはあまり推奨されません。

ただし、すでに筋肉が衰えて鍛え直すのが難しい高齢者や、リハビリなどを行っているためにサポートが必要な人は、長時間腰痛ベルトを着けていても問題ないと考えられます。

スポンサードリンク

腰痛ベルトは筋肉の負担を緩和してくれますが、腰痛の原因になっている筋肉や神経の損傷を回復してくれるわけではありません。

腰痛ベルトを巻いているからといって、腰痛が治るわけではないんです。

ですから、腰痛ベルトを使うのは腰痛を起こさないようにするための補助(立ち仕事をする時やスポーツをする時)や、腰痛を起こしてしまった時(ぎっくり腰など)の一時的なサポートだと思ってください。

日常的には使用せずに、自分の筋肉を鍛えたり、腰痛を起こさないように筋肉の動かし方を変えたりする必要があります。

それから高齢者やリハビリ中の方は長時間の使用もやむなしと言いましたが、実はもう一つ長時間使用する必要がある場合があります。

それは腰痛の原因が骨盤などのずれで起こっている場合です。

この場合、腰痛ベルトなどで骨盤を締めて、固定する必要があるため、できるだけ長時間着用する必要があるのです。

ただし、この場合でも、徐々に使用する時間を短くしていき、最終的には着用しなくても済むようにする必要があります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です