腰痛の湿布の位置、どうしてる?突然の痛みには冷湿布、慢性的な腰痛には温湿布を使用し、痛い部分より指4本分上に貼ると良い

20150715
突然腰痛を発症してしまった場合、応急処置として湿布を貼ることになると思いますが、この場合、温湿布を貼ったらいいのか冷湿布にしたらいいのか悩みますよね。

さらに貼る場所によって効果が違うのであれば、詳しく知っておきたいものです。

もし間違った貼り方や使い方をしてしまうと、その後の症状の重さも左右してしまうかもしれませんので、きちんとした使用法を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

まず、ぎっくり腰など、突然発症した痛みに対しては冷湿布が効果的です。

この場合、炎症を起こした部分から熱を発しているので、それを冷やしてあげることが大切なのです。

温湿布にしてしまうと血行促進となってしまうので逆に痛みを感じやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

また、この痛みが続いている間は入浴も控えた方がいいでしょう。

慢性的に続いている痛みに対しては、温湿布が効果的です。

温湿布にはカプサイシンという成分が含まれているのですが、これは血行を促進させる働きがあります。

慢性的な腰痛は、筋肉が凝り固まって血流が悪くなっていることから痛みを生じているので、この様な痛みには温湿布で血流を促してあげる方が効果的です。

もちろん、冷湿布によっても痛みを麻痺させる働きはありますが、これでは血行をさらに悪くしてしまいます。

ですから、突然の痛みには冷湿布、慢性的な腰痛には温湿布と覚えておきましょう。

また、貼る場所も大切です。

痛いからと痛い部分に貼るよりも効果的な場所があるのです。

腰痛を発症したら、痛い部分よりも指4本分上の背骨よりに湿布を貼るようにしましょう。

痛みを感じる部分と炎症が起きている部分が違うからです。

腰痛は炎症から発生している場合が多いので、痛みを感じる部分ではなく、炎症が起きている部分に湿布を貼り、根本的な治療を行いましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です